専門職研修 スキルアップ講座

介護の勉強をもっとステップアップして、学びたい人のための研修です。
介護の現場の課題についてや、介護者・要介護者のお互いが安心して生活を送れるためにどうすれば良いか考えてみましょう。

排泄のしくみと「おむつ」について

実施回数
2回
時間
9:20~12:20 12:30~13:30(4.0H)
実施日程
第1回 2019年9月20日(金)
第2回 2020年3月18日(水)
募集定員
30名程度
内容
排泄障害の理解を図り、排泄用具の正しい選び方と使い方を学びます。
また、介護現場においての排泄ケアの課題について具体的な対応法を考え、実践できるよう考える講座です。オムツの説明もあります。
【講師】看護師・日本コンチネンス協会九州支部部長
備考
※都合により、日時を変更させていただくことがあります。

気づいて防ごう!高齢者虐待 知っておこう!権利擁護

実施回数
1回
時間
9:50~15:00
実施日程
2020年2月16日(日)
募集定員
60名程度
内容
超高齢化が進む中「人として尊厳を傷つける行為」として社会問題になっている高齢者虐待について学び予防につなげましょう。日常的な金銭管理や福祉サービスの利用、また財産管理や契約終結などが困難になっている方が安心して生活できるよう権利擁護の制度について学びます。【講師】社会福祉士
備考
※都合により、日時を変更させていただくことがあります。

ノーリフティングケア「抱えあげない介護」で腰痛予防対策 

実施回数
1回
時間
9:20~16:30
実施日程
  • 1日目 2019年12月7日(土)
  • 2日目 2020年1月18日(土)
  • ※原則2日間出席していただく研修です。

募集定員
40名程度
内容
腰痛の発生要因を知り腰痛の予防対策として身体に負担の少ない移動・移乗法を学びます。
リフト等の福祉機器を使って持ち上げない介護の原理と実践を行います。【講師】作業療法士

キャラバン・メイト養成研修

キャラバン・メイトとは「認知症の人を、地域で支えるまちづくり」事業の一環として、認知症の人と家族を温かく見守る応援者である「認知症サポーター」を養成するために地域や職場を対象とした講座の講師役を養成する講座です。

実施回数
1回
時間
9:30~16:30
実施日程
2019年 8月25日(日)
募集定員
60名程度
内容
  1. 認知症を理解する
  2. キャラバン・メイトの役割と講座運営の実態
  3. 認知症の人を地域で支える<グループワーク>
対象
下記に該当される方

  • 認知症介護指導者養成研修終了者
  • 認知症介護実践者研修(専門課程) または認知症介護実践リーダー研修修了者
  • 介護相談員
  • 認知症の人とその家族の会会員
  • 認知症に関する基本的な知識や介護経験があり、上記に準ずると認められる方(医療従事者、介護福祉士等)
  • 市町村関係職員、民生・児童委員・在宅介護支援センター職員、社会福祉協議会職員
  • その他、認知症サポーター育成に意欲を持ち、適当であると認められる方